8日の県内、鉄道や航空のダイヤ乱れる 大雪影響、9日も一部で運休や欠航

2021/1/9 07:51

[PR]
 JR6路線は8日、大雪の影響で計約220本に運休や遅れが出て、乗客計約8100人の足が乱れた。

 9日は米坂線今泉―坂町(村上市)間で終日、特急いなほを含む羽越本線は酒田―新津(新潟市)間で終日、秋田―酒田間で午前中のみ運休する。山形新幹線つばさ、奥羽本線、仙山線、陸羽東線は始発から再開する。

 9、10の両日運休するのは▽奥羽本線新庄―院内(秋田県湯沢市)▽陸羽西線新庄―余目間。

     ◇

 フラワー長井線は8日、始発から全区間で運転を見合わせ、上下計14本が運休した。山形鉄道によると、除雪作業と安全確認後、上りが午後2時31分荒砥発から、下りは午後3時35分赤湯発から運転再開した。

     ◇

 名古屋発山形行きフジドリームエアラインズ(FDA)383便(午前11時40分発)と折り返しの山形発名古屋行き386便(午後5時5分発)は8日、山形空港周辺の雪のため欠航した。FDAによると、25人に影響が出た。

     ◇

 全日本空輸は8日、荒天が予想されるため、9日の庄内―羽田便の計4便を欠航すると発表した。

 羽田発395便(午前11時5分発)と折り返しの398便(午後0時50分発)、羽田発397便(同3時55分発)と折り返しの400便(同5時45分発)の運航を取りやめる。計135人が搭乗予定だった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]