河北の公務員女性が感染 7日の県内、新型コロナウイルス

2021/1/8 07:39
河北町役場(資料写真)

 県は7日、新たに河北町の40代公務員女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同町は同日、この女性が町教育委員会学校教育課の職員で学校給食の内部事務を担当していたと明らかにした。調理師との濃厚接触はないが、念のため、7、8、12、13日の4日間は町内小中学校での学校給食を停止する。

 県や同町によると、女性は休日だった2、3の両日に頭痛やせきの症状が現れた。4日は勤務し、退庁後に37~38度台の発熱があった。5日は休みを取り、6日にPCR検査で陽性が判明した。村山地域の感染症指定医療機関に入院し、症状は重くない。同課は本庁舎と別棟にあり、同僚2人が濃厚接触者として7~18日まで自宅待機する。町職員の感染を受け、個人の特定や誹謗(ひぼう)中傷を行わないよう求める森谷俊雄町長のメッセージを町ホームページに掲載した。

 県内の累計感染者は418人。入院患者は前日から変わらず62人で、内訳は専用病床42人(うち重症者4人)、専用病床以外20人。2人が自宅療養している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]