県内、最大6200戸が停電 倒木や施設被害が続発、交通機関乱れる

2021/1/8 07:19
吹雪の影響で早い時間から見通しが悪くなった=7日午後1時19分、酒田市若原町

 県内は7日、庄内地方を中心に暴風雪に見舞われ、断線などの影響で最大約6200戸(同日午後9時現在、街路灯などを含む契約数)が停電した。ほかにも倒木、施設の被害が相次ぎ、交通機関が乱れた。

停電

 東北電力ネットワーク山形支社によると、停電したのは7日午後9時現在、鶴岡、酒田、朝日、庄内、遊佐の2市3町の一部。約5500戸は復旧したが、鶴岡、酒田、庄内、遊佐各市町の一部で復旧作業が行われている。

道路

 7日午後3時50分ごろ、小国町玉川の主要地方道玉川沼沢線で積雪や強風の影響とみられる倒木が見つかり、約2時間にわたり全面通行止めとなった。県置賜総合支庁によると、倒れたスギの木が道路脇の電線に引っかかり、東北電力が撤去した。

 県庄内総合支庁は同日午後2時から、高波の恐れがあるとして県道藤島由良線の鶴岡市今泉―由良間(5キロ)を全面通行止めとした。規制は当面の間続ける。迂回(うかい)路は国道7号など。

 国土交通省山形河川国道事務所は同日、緊急の冬季交通確保連絡調整会議を開催。県などが出席し、酒田、福島河川国道事務所ともテレビ会議形式でつないだ。

鉄道

 JR6路線とフラワー長井線で計226本が運休し、乗客計約8400人の足が乱れた。8日もJR6路線は一部区間で、フラワー長井線は全線で、終日運転を見合わせる。運休する区間は▽山形新幹線つばさ山形―新庄間▽奥羽本線庭坂(福島市)―米沢間、山形―横手(秋田県横手市)間▽仙山線愛子(仙台市)―山形間▽陸羽東線鳴子温泉(宮城県大崎市)―新庄間▽陸羽西線新庄―余目間▽米坂線今泉―坂町(新潟市)間。羽越本線は村上(新潟県村上市)―三瀬間で特急いなほを含む上下線が午前中のみ運休する予定。

空路

 全日本空輸は7日、きょう8日の庄内―羽田線について、庄内空港周辺で雪による悪天候が予想されるため計4便を欠航すると発表した。

 全日空庄内空港所によると、欠航となるのは羽田発395便(午前11時5分発)と折り返しの398便(午後0時50分発)、羽田発397便(同3時55分発)と折り返しの400便(同5時45分発)。合わせて129人が搭乗予定だった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]