庄内を中心に暴風雪 酒田・飛島では風速42.2メートル

2021/1/7 22:42
強風の影響で街灯が倒れた現場=7日午後6時4分、山形市銅町2丁目

 7日の県内は低気圧が日本海を東に進んだ影響で、庄内を中心に暴風雪に見舞われた。酒田市飛島では午後3時52分に最大瞬間風速42.2メートルを観測し、1月として1位の記録を更新。停電や建物被害が発生し、鶴岡市内の全小中学校が臨時休校するなど影響が広がった。

 最大瞬間風速ではほかにも酒田市浜中が33.4メートル(同4時56分)、大蔵村肘折で23.6メートル(同4時51分)、鶴岡が21.8メートル(同4時31分)と、いずれも1月として1位になった。鶴岡市鼠ケ関では同4時39分に33.9メートルを記録し、通年の最大値を更新した。

 同日午後5時までの積雪量は山形32センチ、酒田17センチ、新庄106センチ、向町101センチ、尾花沢151センチ、米沢66センチ、小国121センチ、肘折251センチ、大井沢176センチなどとなった。

庄内地方で強風が吹き荒れ、海岸に高波が押し寄せた=7日午後4時15分、酒田市宮海

 8日にかけて予想される最大瞬間風速は庄内で35~40メートル、内陸は25メートル。波の高さは7メートルが予想される。同日午後6時までの24時間降雪量は多い所で山沿いが60センチ、平地で40センチ。

 同気象台では8日は警報級の大雪になる可能性もあるとして、猛吹雪による交通障害、建物や農業施設の被害に十分な注意を呼び掛けている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]