手袋着けたまま入店した場合、消毒は? 南陽の50代女性からの疑問

2021/1/7 07:54
入店時の手指消毒では手袋を外すのが効果的。外した手袋は袋に入れると安心だ

 新型コロナウイルスの感染予防として入店時の手指消毒が定着しているが、「手袋を着けている場合はどうしたらいいの?」。寒さが厳しくなる中、南陽市の50代女性から「寄り添うぶんちゃん取材班」に疑問が寄せられた。感染対策に詳しい山形大医学部感染症学講座の本郷誠治教授に聞いてみた。

 手袋をしたまま店に入るケースについて、本郷教授は、手袋の上からアルコール消毒をしても、素手のように消毒液を広げることは難しく、ウイルス除去は不完全になると指摘する。効果的なのは、やはり「手袋を外して手指を消毒すること」だという。

 そこで気になるのが、外した手袋の扱いだ。情報を寄せた女性も「ポケットに手袋を入れるとウイルスが残らないか」と心配する。本郷教授は「外した手袋はビニール袋や紙袋に入れてからポケットにしまえば安全」と提案する。

 ただ、手袋を外す際には注意が必要だ。手袋であちこちと触った場合、外側にウイルスや細菌が付着し、手が汚染される恐れがある。本郷教授は「外した後は必ず手洗いやアルコール消毒を徹底してほしい」としている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]