大雪でダイヤ乱れる・4日 JR、600人に影響

2021/1/5 11:29

[PR]
 県内のJR4路線は4日、大雪の影響で一部区間に運休や遅れが相次ぎ、計約600人に影響した。

 JR東日本山形支店によると、JR奥羽本線の新庄以北では普通列車上下計13本が運休、上下計7本が最大2時間24分遅れた。午前11時20分ごろには、袖崎駅に停車中の下り普通列車に落雪がぶつかり、前面中央部の窓ガラスにひびが入った。テープで応急処置後に運転を再開し、この列車が39分遅れた。

 JR陸羽西線は普通列車上下計7本が運休、余目―酒田間で上下計2本が区間運休し、上下計2本が最大2時間7分遅れた。JR羽越本線は始発の上り特急いなほ1本が運休。JR米坂線は普通列車上下計2本が運休、今泉―坂町間で上下計18本が区間運休した。

倒木で運休や遅れ・左沢線

 4日午後4時15分ごろ、JR左沢線の柴橋駅に停車中の下り普通列車の運転士が、線路上に木の枝が倒れているのを見つけた。撤去作業後に運転を再開し、普通列車上下計4本が区間運休、この列車が1時間36分遅れた。乗客2人はタクシーで代行輸送した。約300人に影響した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]