山形市区県議補選、柴田氏が出馬意向 長男は取りやめ

2021/1/5 08:33

[PR]
 現職の辞職に伴い行われる山形市区の県議補欠選(15日告示、24日投開票)に会社役員の柴田悦夫氏(68)=同市桜田西1丁目=が立候補する意思を固めたことが4日、分かった。立候補を表明していた長男の雅章氏(38)=同市鉄砲町1丁目=は出馬を取りやめる。

 柴田氏は日大経済学部卒。県内外で旅館・ホテルなどを経営している。2019年4月の上山市長選に出馬した。山形新聞の取材に「新型コロナウイルスの影響に苦しむ事業者らを資金面で支える新たな仕組みづくりを目指す」と語った。無所属での立候補を予定している。雅章氏は「経験豊富な父に託したい」と述べた。

 同県議補選には元山形市議の諏訪洋子氏(57)=同市清住町2丁目、参院議員秘書の梅津庸成氏(53)=同市飯田4丁目=が立候補を予定している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]