DF三鬼が町田、小野寺は栃木へ モンテ、2選手の期限付き移籍発表

2020/12/31 09:47

[PR]
 サッカーJ2・モンテディオ山形は30日、DFの三鬼海(27)と小野寺健也(23)の両選手が、それぞれJ2の町田と栃木に期限付きで移籍すると発表した。ともに期間は2022年1月末まで。

 三重県出身の三鬼は18年シーズンに加入し、今季はリーグ戦16試合に出場した。小野寺は神奈川県出身で今季、明大から加わり公式戦出場はなかった。クラブを通じ、三鬼は「チームを離れることになるが、山形の誇りを胸に頑張ってくる」、小野寺は「帰ってきた時、成長した姿を見せられるようにしたい」などとコメントした。

田村は引退

 クラブは同日、DF田村友(28)の引退も発表した。福岡県出身で18年シーズン途中に福岡から加入。昨季途中から群馬に、今季は相模原に期限付きで移籍していた。山形ではリーグ戦3試合、天皇杯1試合に出場した。クラブを通じ、「短いプロサッカー生活だったが貴重な体験をさせてもらえた。関わりのあった選手、スタッフ、ファン、サポーターの皆様、すべての方々に感謝します」などとコメントした。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]