モンテ、きょう今季ホーム最終戦 VS岡山、白星へ試される総合力  

2020/12/13 10:32
「(今季の)集大成を見せるつもりだ」と語るDF山田拓巳=天童市・県総合運動公園

 サッカーJ2は第40節の13日、各地で11試合が行われる。モンテディオ山形は午後2時から天童市のNDソフトスタジアム山形で岡山と対戦する。石丸清隆監督の続投発表直後の一戦は今季のホーム最終戦。磨いた短いパスの崩しを織り交ぜ、相手の粘り強い守備を突破したい。

 山形は12日、非公開練習で調整した。前節のアウェー長崎戦は試合終盤に失点し、0―1で敗戦。通算成績15勝11分け13敗とし、順位は9位に下がった。

 一方の岡山は11勝14分け14敗で、山形と勝ち点9差の14位タイ。第33節で長崎に0―5で敗れて以降、7戦連続で未勝利と調子を落としている。基本陣形は4―4―2。守備で高い集中力を保ち、ボール奪取後の速攻、サイド攻撃から得点を狙う。2トップの一角を担うFW李勇載(イ・ヨンジェ)が体を張り、攻撃の起点になる。

 前半戦の対戦では山形がPKを与え、0―1で競り負けた。石丸清隆監督は「縦に速い攻撃にはうち(山形)の弱さが出てしまう。相手は突いてくると思うが、しっかりケアしたい」と語った。

 疲労が重なるシーズン最終盤で、主力の複数人がコンディション不良で戦列を離れている模様。指揮官がここまでの課題に挙げた「総合力」が試されるホーム最終戦になりそう。J1昇格を逃し、来季を見据えた戦いとなるが、何よりも勝利への執念を示したい。

アグレッシブに走ります―主将のDF山田

 主将として3度目のホーム最終戦を迎えるDF山田拓巳。今季最多のファン来場を願い、「寒い中でも心に響く試合、今季の集大成を見せられるように頑張るつもりだ」と約束した。

 異例の過密日程となった今季も、ハードワークを武器にフル稼働した。陣形変更に伴い、位置は左右のサイドバックに。自身3度目となるJ1昇格はならなかったが、「手応えを感じているシーズン」になったという。

 この一戦で見せたい自身のプレーを問われると、「走りますよ、アグレッシブに」とにやり。最後まで若さあふれる主将だ。

ホーム最終戦でのゴールを誓うFWビニシウス・アラウージョ

「すごく幸せ」妻も納得の活躍―FWアラウージョ

 国内初挑戦となったFWビニシウス・アラウージョは「山形に来てすごく幸せな気分だ」と周囲の支えに感謝。本拠地での恩返しゴールを目標に掲げた。

 切り替えの速さなどが求められる戦いに慣れるまで時間はかかったが、10月以降の試合で一気に盛り返した。チーム最多12ゴールを挙げ、プレースキッカーとしても欠かせない存在となった。

 まだ点を挙げられなかった頃、特に厳しかった妻も今の活躍に納得し、本人も一安心の様子。「奥さんや来てくれる多くのサポーターにゴールと、ホーム最終戦での勝利をささげたい」と意気込んだ。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]