店頭に“花畑”作ります 山形の生花業者が園芸代行、季節ごと植え替え

2020/12/4 10:59
山形市内の生花業者が、季節に合った花を年数回植え替えするサービスを行っている=同市

 プランターを置くだけで花畑が広がります―。店頭に花を飾る際の大変な作業を月額定額制で代行するサービスが、山形市近郊で展開されている。土いじりや植え替えの手間なく、華やかさや癒やしを感じることができるユニークな内容。現在は法人向けだが、今後は一般への提供も視野に入れている。

 サービスを行うのは山形市菅沢の生花業「花百景」(東孝一社長)。「飲食業なので土をいじる作業は困る」「土の廃棄が大変」といった声を受けて今年10月末に始めた。東社長は季節に合った花を選び、植え替えを担うことで「継続して花を咲かせ、街を明るく、心を和ませてほしい」と話す。市売上増進支援センターY―biz(ワイビズ)のアドバイスを受けた。

 夏季は暑さに強く花が長持ちするニチニチソウ、冬季は寒さに強く春先に花を多く咲かせるパンジーやビオラを提案。現在は山形市内の飲食店やハウスメーカーなどがサービスを利用している。半沢鶏卵の直営店「いではCOCCO(こっこ)」(同市くぬぎざわ西)の店頭では、プランターに植えられた黄色のビオラや赤のナデシコなどが、来店客を出迎えている。

 冬季の申し込みは今月10日ごろまで。エコノミープラン(花付きプランター10基、植え替え年1回)が月額3千円、寄せ植えプラン(同5基、植え替え年1回)が月額4千円など。初回は12カ月契約から。問い合わせは花百景023(645)3400。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]