3日、新たに7人感染 鶴岡、最上、山形

2020/12/4 07:25
県内の感染事例について説明する県の担当者=3日、県庁

 県と山形市は3日、新たに県職員2人を含む7人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。このうち鶴岡市の女性2人は、感染が相次いで確認されている同市内の学校関連の会食に参加していた。

 新たに感染が分かったのは、最上町の60代男性で最上地域にある県農林水産部の出先機関の職員、その同居家族の80代無職女性、鶴岡市の40代女性で庄内地域の県農林水産部の出先機関の職員、その同居家族の女子中学生、さらに、山形市の40代団体職員女性と60代無職男性、70代無職女性―の計7人。

 最上町の60代男性は2日に陽性が判明。同居の80代女性は濃厚接触者として感染が分かった。他の同居家族も検査する。過去の感染事例との関連はないとみられ、感染経路は分かっていない。2人とも入院し、症状は重くないという。

 鶴岡市の40代女性は、11月30日に感染が公表された同市内の40代会社員男性の知人で、11月中旬に子どもの学校関連の会食に同席、し、女子中学生も参加していた。ともに症状は回復し、自宅で健康観察を続けている。鶴岡市は3日、感染者が確認された中学校と小学校について、検査対象を約70人から約100人に増やす方針を示した。

 山形市によると、同市の40代女性と60代男性は2日に感染が公表された30代会社員男性の同居家族で、70代女性は2日に感染が公表された70代会社役員男性の同居家族。40代女性は症状は重くなく、60代男性と70代女性は無症状という。

 県内の感染公表は9日連続で累計149人。新たに9人が退院し、入院者は28人となった。重症者2人のうち1人の症状が3日までに改善したため、重症者は1人。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]