やまがた雪フェス、来場者募集を開始 コロナ感染防止で応募制に

2020/12/2 10:34
やまがた雪フェスティバル(2020年1月、資料写真)

 県と西村山1市4町などでつくる「やまがた雪フェスティバル」の実行委員会は1日、来年1月30、31日に寒河江市の最上川ふるさと総合公園で開く第6回の来場者募集を始めた。今回は新型コロナウイルス感染防止のため、来場者を事前応募制にして開催する。

 両日とも▽午前9時半―11時半▽午後0時半―2時半▽午後3時半―5時半▽午後6時半―8時半の4部に分け、各回の入場を5千人に制限する。当初は昼夜2部の計画だったが、多くの人に楽しんでもらおうと入れ替え回数を増やす。

 会場には高さ約6メートル(予定)のシンボル雪像、大型雪像、コンテスト雪像が作られる。イルミネーションを点灯し、チューブ滑りや雪中釣り大会などが楽しめるちびっ子広場を設ける。感染防止のため入り口で検温などを行い、会場内に飲食ブースは設置しない。

 応募は今月25日まで。公式ホームページの応募フォーム(https://yamagata-yukifes-entry.jp)かはがきで申し込む。日時は第2希望まで選べる。感染状況によっては開催可否を検討する。問い合わせは実行委事務局の寒河江市さくらんぼ観光課0237(85)1692。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]