鶴岡市職員、PCR検査で「疑陽性」 藤島庁舎の一部閉鎖

2020/12/2 09:20

 新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者とされた鶴岡市職員について、市は1日、PCR検査で「疑陽性」と診断されたと公表した。検査結果をはっきりと判定できない状況とされ、再検査を受けているという。感染拡大防止のため、市はこの職員が勤務する藤島庁舎産業建設課を同日午前11時半から閉鎖している。

 市によると、職員は11月30日に感染が公表された市内の40代会社員男性と私的な会合で同席しており、1日午前に検査結果が示された。

 市は藤島庁舎の職員計18人を在宅勤務とし、同課の業務は同庁舎総務企画課と本所農政課などで対応する。「疑陽性」とされた職員の再検査結果は2日に県から公表される見通しで、発表を待って対応を検討する。

酒田・休校中の小学校、関係者陰性できょう2日再開

 酒田市教育委員会は1日、児童1人の新型コロナウイルス感染が11月29日に確認され、臨時休校していた市内の小学校について、関係者のPCR検査の結果、全て陰性だったと発表した。保健所の指導に基づき校内の消毒作業も完了したことから、2日に再開する。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]