感染3人は鶴岡の40代会社員男性の同居家族 新型コロナ、県内の感染公表は1週間連続

2020/12/2 07:35

[PR]
 県は1日、新たに3人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。いずれも鶴岡市に住む40代団体職員女性、女子中学生、10代の小学生女児で、11月30日に感染が公表された同市の40代会社員男性の同居家族。県内の感染公表は1週間連続で、累計感染者は138人となった。新たに5人が退院し、入院者は30人(うち1人が重症者)。

 県によると、40代女性は11月18日に発熱や倦怠(けんたい)感、19日からは味覚障害が現れ、症状を自覚しながら仕事を続けていた。中学生は19日から発熱やせきがあり、20日に味覚障害が出た。23~27日は症状が軽くなったとして登校したが、28日から休んでいる。ともに症状は重くないと判断し、医療機関を受診しなかった。

 小学生は発熱や味覚障害などが出たため18、20日にそれぞれ別の医療機関を受診したが、医師の判断で新型コロナの検査はしなかった。24~27日は症状が軽くなったとして登校し、28日から休んでいる。

 3人とも40代男性の濃厚接触者とされた後、30日の検査で感染が分かった。いずれも1日に庄内地域の医療機関に入院。40代女性は現在は無症状で、中学生と小学生の症状は重くないという。

 3人の濃厚接触者として他の家族と40代女性の職場関係者が特定されている。中学生と小学生については保健所が行動履歴などを調べており、学校などの対象範囲を決めた後に検査する。

 一方、30日に感染が公表された庄内町の30代会社員男性の濃厚接触者とされた家族は、全て陰性だった。職場関係者は引き続き調査している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]