聖夜を彩るポインセチア 寒河江で出荷作業本格化

2020/11/30 09:49
色鮮やかなポインセチアが出荷期を迎えている=寒河江市高屋

 クリスマスを彩るポインセチア。寒河江市高屋では出荷作業が本格化し、ハウス内は赤や白、緑の華やかな鉢植えで埋め尽くされている。

 ポインセチアはメキシコ原産の常緑低木。赤や白の花のように見える部分は苞(ほう)と呼ばれる葉で、下部にある緑色の葉との対比が美しい。寒河江市の「蔵王花園(かえん)」では赤色の「プレミアムレッド」「イタリアンレッド」を中心に7種類栽培し、12月中旬までに約3千鉢を県内や仙台方面に出荷する。

 栽培歴25年の園主武田孝志さん(56)は「順調に色づいた。新型コロナウイルスの影響で暗くなりがちだが、ポインセチアを見て明るい気持ちになってほしい」とほほ笑んだ。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]