醤油5種、好み探して 山辺のヤマキチ、ニーズに応え少量サイズ商品化

2020/11/29 13:11
ヤマキチが発売した(右から)「月山」「松」「富士」「すだまり」「からし醤油」の100ミリリットル入り。5種類セットで「山辺ヤマキチ醤油コンプリートセット」を発売した

 みそ醸造などのヤマキチ(山辺町)が「ヤマキチ醤油(しょうゆ)」3種類と「すだまり」「からし醤油」の100ミリリットル入りを商品化し、5本セットの「山辺ヤマキチ醤油コンプリートセット」を発売した。あえて少量にして使い比べや少人数家族に程よいサイズとし、日常使いにも土産品にも合う。庄司雄介代表(50)は「使い比べて好みを見つける楽しさがある」と売り込む。

 同店は1910(明治43)年に醤油の小売店として創業し、現在は醤油販売のほか、みそ醸造、総菜販売、飲食店を手掛ける。創業から販売するヤマキチ醤油は味別に「富士」「松」「月山」の3種類があり、地元で愛され続けている。

 ただ、主力の富士は千ミリリットル入りを扱うが、一升瓶(1800ミリリットル入り)が標準で、客から「味見したいので少量だけほしい」「離れて暮らす子ども家族に送りたいが、大きいと冷蔵庫に入らない」との声が寄せられることも。核家族化、単身家庭増加により、一升瓶が大きすぎる場合があることも分かった。

 そこで、創業110年の節目に、現代のライフスタイルに合い、食卓に置きそのまま使える100ミリリットルサイズを用意。山辺で食べられる珍しいかき氷「すだまり氷」に使われる酢醤油「すだまり」、揚げ物に相性の良い「からし醤油」も加え、5種類をセット販売することにした。新たな客層の開拓も期待する。

 万能型の富士、刺し身なら月山、煮物なら松、ギョーザならすだまり、唐揚げならからし醤油などと好みを探すのがお勧めという。価格は5本セットが化粧箱入りで2500円、単品は350円で、からし醤油のみ380円。ヤマキチと同店オンラインストアで販売。コンセプト設計や商品名、パッケージデザインに山形市売上増進支援センターY―biz(ワイビズ)の助言を受けた。

 庄司代表は「県内外の若者世代や単身者、本県出身者に使い比べてもらい、山形の醤油の魅力を知ってほしい」と話す。営業時間は午前10時~午後7時。日曜祝日定休。問い合わせは023(664)5620。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]