アザラシがお引っ越し「またね」 加茂水族館生まれ、神奈川へ

2020/11/26 11:47
引っ越しのためゲージに入るひまわり(手前)とぼたん=鶴岡市立加茂水族館

 鶴岡市立加茂水族館(奥泉和也館長)で生まれた雌のゴマフアザラシ「ぼたん」と「ひまわり」が25日、神奈川県の箱根園水族館に引っ越した。

 ぼたんとひまわりは、この春に生まれた3頭のうちの2頭。新型コロナウイルス禍でも、明るい気持ちになるようにと花の名前をもらった。それぞれ元気に成長し、プールでじゃれ合うなど、仲の良い様子を見せていた。この日、ゲージに入った2頭は、最初のうちは不安げで落ち着かない様子だったものの、徐々に落ち着き、職員が「またね」と声を掛けて別れを惜しんだ。

 近親交配を避けるため、今年同館では計5頭のゴマフアザラシを他の水族館に送り出している。奥泉館長は「さみしい気持ちもあるが、そのままのかわいらしさで、新しい場所でも愛される存在になってほしい」と話した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]