コロナ禍の中、工夫し成人式 県内の4町、新生活様式にのっとり

2020/11/22 22:15
コロナ対策として、間隔を空け、マスクを着けて座る新成人。町民歌は歌わず、スピーカーから流れるのを静かに聴いた=中山町中央公民館

 新型コロナウイルス感染の収束が見通せない中、中山、大石田、高畠、飯豊の4町で22日、延期となっていた成人式が行われた。出席者は全員がマスクを着用し、一人一人の席を離すなど、それぞれ新しい生活様式にのっとり、感染対策に工夫を凝らした。

 例年とは異なる形となったが、友人との再会を待ちわびていた新成人たちの表情は晴れやかだった。写真撮影をする際だけはマスクを外し、ようやく迎えた節目の日の思い出を記憶と記録に刻んでいた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]