県内の「いいもの」一堂に 天童で販売会、伝統工芸品など出展

2020/11/22 09:50
県産品の魅力を発信する「いいもの山形展」=天童市・イオンモール天童

 県産品の魅力を発信する展示販売会「いいもの山形展」が21日、天童市のイオンモール天童で始まった。延べ17事業者が出展し、山形生まれの技術の粋を披露している。22日まで。

 出展されているのは、月山めのうアクセサリーや手すき和紙、草履、木工品、打ち刃物、織物、しな製品、げた、竹炭製品、陶器、段ボールいす、和傘、山形仏壇など。いずれも逸品ばかりで、本県を代表する伝統工芸として注目される技も。訪れた人は出展者から特徴やこだわりを聞きながら、気に入った商品を買い求めていた。

 草履(寒河江市)、木製家具(鶴岡市)、しな製品(同)、竹炭製品(遊佐町)、紅花染(河北町)は職人による実演があり、そのうちしな製品、竹炭製品、紅花染は希望者が制作を体験できる。県産品愛用運動推進協議会が県産品の魅力発信、消費拡大を目的に開催した。22日は午前11時~午後4時。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]