モンテ、福岡とドロー

2020/11/21 19:30
〈福岡―山形〉前半12分、山形のFWビニシウス・アラウージョ(中央)が先制点を挙げる=福岡市・ベスト電器スタジアム

 サッカーJ2は第35節第1日の21日、各地で10試合が行われ、モンテディオ山形は福岡市のベスト電器スタジアムで福岡と戦い、1-1で引き分けた。通算成績は13勝10分け12敗とし、順位は暫定8位に下がった。

 山形は前節から1人入れ替え、MF加藤大樹が4試合ぶりに先発に復帰した。前半12分、ゴール前のこぼれ球に詰めたFWビニシウス・アラウージョが先制ゴールを決め、1-0で折り返した。後半22分、ゴール前の混戦で押し込まれて失点し、その後に得点することができなかった。

 山形は次節の25日、天童市のNDソフトスタジアム山形で金沢と対戦する。

【評】山形は主導権をつかめず、引き分けに終わった。前半12分、相手のミスを見逃さなかったFWアラウージョが先制点を奪った。その後はFW南らがスペースを突いて組み立てたが、攻め急いだ場面もあり追加点を奪えなかった。ロングボールを多用する相手に対し、中盤のこぼれ球を拾う意識を高めたが、勝負どころで耐えきれなかった。

やることをもう一度整理したい

 石丸清隆監督の話 単純に良くないゲーム。相手のプレッシャーが強くない状況にもかかわらず、ポジション取りは遅く、パスの質が上がらなかった。自分たちでストレスを抱え、体力的に消耗した。(先制した前半も)自分たちでペースをつかめたとは思っていなかった。やることをもう一度整理し、次に向かいたい。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]