幸福の一手に「王手門」堂々と 天童・芳賀地区に事業記念モニュメント完成

2020/11/21 11:23
天童市芳賀地区に設置されたモニュメント「王手門」=JR天童南駅前

 天童市の芳賀土地区画整備事業を記念したモニュメント「王手門」がJR天童南駅前に完成し、20日、現地で完成式典が行われた。

 同区画整理組合(土屋健吾理事長)が2007年度から取り組み、面積は73.2ヘクタール。間もなく事業完了が見込まれ記念に制作した。工業デザイナー奥山清行氏(山形市出身)がデザインを手掛け、将棋駒をイメージした形状で高さ14メートル、幅11.9メートル、奥行き3.1メートル。各辺を三角柱で組み上げ、ステンレスの表面が光る。

 式典で土屋理事長が「人口が伸びない中、何とか活気ある町をつくろうと始まり、大変苦労した。立派な門ができ、一層の発展に協力をお願いしたい」とあいさつ。「幸福の大きな一手になるようにとの思いを込めた」との奥山氏のメッセージも披露された。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]