神奈川で元気に育って! 加茂水族館のゴマフアザラシ2頭引っ越し

2020/11/20 22:01
新天地へと移動したエリザベス(左)とピース(鶴岡市立加茂水族館提供)

 鶴岡市立加茂水族館(奥泉和也館長)の雌のゴマフアザラシ「エリザベス」と「ピース」が、神奈川県三浦市の京急油壺マリンパークへ移動することになり、引っ越し作業が20日、同館で行われた。

 エリザベスが5歳(体長約150センチ、体重約78キロ)、ピースが1歳(同約125センチ、約43キロ)。共に同館ではステージ近くのプールで泳ぐ姿を見せていた。エリザベスは新型コロナウイルス感染拡大前の「ひれあしの時間」にジャンプなどの技を披露していた一方、ピースはイベントが中止となる中で姉の姿を追いながら練習を続けていた。

 水族館の移動は近親交配を避けるため。この日の引っ越しでは好奇心旺盛なピースが最初に移動し、警戒心が強いエリザベスは職員にサポートしてもらいながら少しずつゲージの中に入った。飼育課の伊藤愛さん(29)は「新しい場所でも元気にのびのび育っていってほしい」と話し、2頭を見送った。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]