銀山温泉でライトアップ企画 尾花沢・12月10~16日開催

2020/11/20 11:52
来月開催する「銀山温泉 千年廻廊」のイメージ(銀山温泉組合提供)

 尾花沢市の銀山温泉組合は12月10日~16日の夜、温泉街をプロジェクションマッピングやライトアップで彩る「銀山温泉 千年廻廊(かいろう)」を開催する。日帰り客の来場を完全予約制の有料として交通規制も実施。コロナ禍の下、新しい銀山観光を模索する実証事業として企画した。

 温泉街入り口の「和楽足湯」から奥の「白銀の滝」まで六つのゾーンに分け、銀山川にプロジェクションマッピングを映し出す。コンセプトは「歴史伝承×未来への祈り」。銀の採掘、水害の苦難、大正ロマンなどの歴史とこれからの希望をテーマに演出する。

 観光庁の「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業の採択を受けた。同組合総務マーケティング部長で銀山荘の小関健太郎社長は「世界中の観光地が悩んでいる今、これまで以上に選ばれる新しい価値をつくらなくてはならない」と話す。

 定員は各日100人。イベントは午後4~8時。9~16日は午後4時以降、チケットがない日帰り客は温泉街手前の大正ろまん館から通行できない。前売りチケットは、同組合ホームページからアクセスできる「チケットぴあ」などで購入できる。料金は18歳以上1500円、子ども500円、未就学児無料。問い合わせは同温泉観光案内所0237(28)3933。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]