山形市長、大内氏を支援 姿勢表明、県内首長で初

2020/11/20 09:51
山形市役所(資料写真)

 次期知事選(来年1月7日告示、24日投開票)の対応について、佐藤孝弘山形市長は19日、立候補を予定している元県議の大内理加氏(57)=自民推薦=を支援する考えを明らかにした。知事選を巡り、大内氏への支援の姿勢を明らかにした首長は佐藤市長が初めて。

 定例記者会見で質問に答えた。佐藤市長は「(大内氏とは)いろいろな政治活動を共にしてきた部分があり、山形市や県政の課題を共有するところが多々ある」と述べた。この上で、先に大内氏が公表した公約の中で県こども医療療育センターの初診待ち期間短縮を挙げ、「市議会でも何度も取り上げられ、幼稚園や保育園の団体からも毎年のように市に訴えがある。親御さんからも切実な声をずっと聞いてきた。メインの公約に掲げるのは現場感があると思う」と述べた。

 知事選では他に現職の吉村美栄子氏(69)が出馬の意思を表明している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]