日大山形、近江(滋賀)と初戦 全国高校サッカー

2020/11/17 10:32

[PR]
 第99回全国高校サッカー選手権(12月31日~来年1月11日)の組み合わせ抽選が16日、新型コロナウイルス感染防止のため初めてオンラインで行われ、前回準優勝で24大会連続出場の青森山田は初戦の2回戦で広島皆実との対戦が決まった。本県代表として5年ぶり14度目の出場となる日大山形は、12月31日の1回戦で初出場の近江(滋賀)と対戦する。

 来季J1鹿島に加入する須藤直輝らを擁して前回は8強だった昌平(埼玉)は高川学園(山口)と、東福岡は神奈川県代表と1回戦で顔を合わせる。前回覇者の静岡学園を破って出場する藤枝明誠(静岡)は2回戦で新田(愛媛)と対戦。選手宣誓は前橋商(群馬)の石倉潤征主将が務める。

 日大の矢作直樹監督と阿部真珠主将は山形市の山形メディアタワーから抽選に臨み、阿部主将は「県勢は長い間初戦を勝てていない。県代表としての責任と誇りを持ち、初戦突破を目指して頑張りたい」と意気込みを語った。今大会は開閉会式の規模を縮小し、観客の人数制限など感染対策を講じて実施される。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]