高校サッカー県大会、日大山形が5年ぶり優勝 米沢中央に2-0

2020/11/1 21:20
〈日大山形―米沢中央〉延長前半8分、日大の鈴木哲平(中央)が先制点を奪い喜ぶ=鶴岡市小真木原陸上競技場

 第99回全国高校サッカー選手権県大会(県サッカー協会、山形新聞、山形放送など主催)は1日、鶴岡市小真木原陸上競技場で決勝を行い、日大山形が延長戦の末、米沢中央を2-0で下し、5年ぶり14度目の優勝を果たした。

 両チームとも得点機を生かせないまま延長戦へ。日大は延長前半8分、MF大河原陽からのクロスに前線で起用されたDF鈴木哲平が飛び込んで均衡を破ると、延長後半5分には大河原のパスから途中出場のMF志鎌幹太がゴールを決めて駄目を押した。

 日大は県代表として、12月31日に首都圏を会場に開幕する全国大会に出場する。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]