酒田みなと-遊佐比子間、12月13日に開通 日東道、3ICの名称決定

2020/10/30 10:54

 国土交通省酒田河川国道事務所などは29日、日本海東北自動車道(日東道)の酒田みなと―遊佐比子間(5.5キロ)について、12月13日に開通すると発表した。「遊佐比子インターチェンジ(IC)」と、今後、延伸し開通が予定されている「遊佐鳥海IC」は仮称と同じ名称とし、遊佐十里塚IC(仮称)は「遊佐菅里IC」とすることも決まった。

 開通するのは2009年に事業化が決まった酒田みなと―遊佐鳥海の12キロ区間の一部。全体事業費は310億円で事業費ベースの進捗率は78%、用地買収進捗率は98%となっている。12月13日は開通式の後、午後3時から供用を開始する。

 遊佐菅里、遊佐鳥海までの延伸、開通は23年度。延伸後は秋田方面へ向かう北進車線に乗る場合と、酒田市方面へ向かう南進車線から降りる際は遊佐比子でのみ可能。北進車線から降りる場合と、南進車線に乗る際は遊佐菅里からとなる。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]