最上小国川ダムカード作製、配布 県最上総合支庁、来月1日から

2020/10/29 10:33
最上小国川流水型ダム(最上町)のダムカード

 県最上総合支庁は最上小国川流水型ダム(最上町富沢)のダムカードを作り、来月1日から町内の入浴施設「赤倉ゆけむり館」で無料配布する。収集家も多いダムカードを通して、地域振興につなげる狙い。

 表に試験湛水(たんすい)で満水状態となり、堤体の斜面を越水する希少な写真(今年1月撮影)を採用。裏面に各種データを載せたほか、通常時は水をためず、洪水時に一時的に貯留する「環境に優しいダム」などと紹介している。カードのサイズは統一規格で縦6.3センチ、横8.8センチ。発行は県管理ダムとして6番目。

 カードは、同ダム管理所に備え付けの来場確認書に記入後、近場の赤倉ゆけむり館に足を運び、受け取ることができる。1人1枚。同支庁の担当者は「ダム見学後に温泉や土産品の品定めを楽しんでもらいたい」と期待する。発行枚数は限定せず、必要に応じて用意する。冬期間(12月上旬から4月下旬)はダムに通じる道が通れないため配布しない。問い合わせは同支庁河川砂防課0233(29)1413、赤倉ゆけむり館(45)3533。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]