天童の旅館、全従業員の陰性を確認 役員が感染の「滝の湯」

2020/10/28 11:20

[PR]
 役員4人が新型コロナウイルスに感染した天童市の旅館「滝の湯」は27日、自主的に進めていた全従業員99人のPCR検査の結果、全員が陰性だったと明らかにした。

 感染した役員の濃厚接触者には該当しないものの、医療機関で24日に全従業員の検体を採取し、検査を進めていた。27日に全員分の陰性の結果証明書が届いた。県は濃厚接触者は役員の家族関係のみとしている。

 今後、保健所の指示に基づいて館内の消毒を行い、感染防止対策を改めて徹底するなどし、11月1日の営業再開に向けた準備を進める。

 同社は県外での仕事関係の会合に出席した40代男性役員の感染が21日に判明し、22日から旅館を臨時休業している。その後、26日までに男性の家族、親族の70代女性役員、80代男性役員、40代女性役員の感染が分かった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]