中野が阪神、阿部はオリックスから6位指名 ドラフト会議、赤上は西武育成1位

2020/10/27 08:24
阿部翔太投手

 プロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)は26日、東京都内のホテルで開かれ、本県関係では三菱自動車岡崎の中野拓夢内野手(日大山形高出)が阪神から、日本生命の阿部翔太投手(酒田南高出)がオリックスからともに6位で指名を受けた。育成ドラフトでは東北公益文科大の赤上優人投手が西武から1位で指名された。本県関係選手の指名は、育成ドラフトを含めて10年連続。

 中野内野手は高校2年時に県勢初の夏の甲子園4強入りを経験。東北福祉大では日本一に貢献し、社会人ではそつのない守備と巧打で活躍した。阿部投手は高校時代に捕手から投手に転向し、速球を武器にした本格派右腕に成長。2019年のアジア選手権では日本代表入りした。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]