クマ目撃多発、住宅地畑で足跡発見も 県内

2020/10/25 10:44
ツキノワグマ(資料写真)

【山形】

 24日午前7時ごろ、山形市風間の80代女性が自宅敷地内の畑でクマの足跡を見つけたと、知人を通じて山形署に届け出た。同署によると、足跡は全長約20センチ、幅約15センチで20個ほどあった。畑の野菜に被害はなかった。現場は高楯中から約500メートル西側の住宅地。

【寒河江】

 24日午後3時20分ごろ、寒河江市箕輪でクマ1頭を目撃したと、車で通り掛かった近くの20代女性が寒河江署に届け出た。

 同署によると、クマは体長約1メートルで、箕輪公民館東側の道路を横断し、西側の山に入っていった。

【真室川】

 24日午前6時40分ごろ、真室川町釜渕でクマ1頭を目撃したと、車で通り掛かった鮭川村の20代男性が新庄署に届け出た。

 同署によると、クマは体長約1メートル。男性が走行中、道路そばから右側の林方面に進むところを見た。現場は町釜渕保育所から約900メートル南側の主要地方道真室川鮭川線。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]