地蔵山頂駅付近で今季初の霧氷 山形・蔵王

2020/10/24 20:06
氷点下の冷え込みで霧氷が発生した蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅付近=山形市

 24日の県内は上空に寒気が流れ込み、山岳部は強く冷え込んだ。山形市の蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅(標高1661メートル)付近では霧氷が発生した。

 霧氷は気温が氷点下の時、樹木などに空気中の水蒸気や水滴が吹き付けられて凍結する現象。同駅の同日午前7時の気温は氷点下0.5度、正午でも同0.1度で山頂一帯は霧に包まれ強い寒風が吹き続けた。駅職員によると霧氷の発生は今季初めて。

 蔵王温泉の紅葉は山頂付近は既に終わり、標高1400メートル以下の山肌から温泉街にかけてが見頃となっている。この日の駅付近は沿線の鮮やかな紅葉から一変して冬の光景が広がり、観光客は「こんなに白くなっている」と驚いていた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]