戸沢のプレミアム商品券販売会場が大混雑 「想定外の事態」長蛇の列、買えぬ人も

2020/10/19 09:27
販売終了直前になっても、多くの人が列をつくっていた=18日午前11時53分、戸沢村

 寄り添うぶんちゃん取材班の公式LINEアカウントに18日、戸沢村在住の50代女性から「村のプレミアム付き商品券の販売会場が大混雑している」との声が寄せられた。記者が現場へ向かうと、商品券を買い求める長蛇の列。事務局も想定外の人気ぶりで、3時間ほどで売り切れ、購入できなかった人もいた。

 商品券は村からの助成を受けたもがみ北部商工会戸沢支部が、18日午前9時から村の商工会事務所で販売した。今春発行した商品券からプレミアム率を30%引き上げて50%とし、千円券15枚つづりを1冊1万円、2千セットを用意した。村民でなくても19歳以上なら購入可能で、売り切れ次第終了と告知していた。商品券は正午すぎに売り切れ、並んだのに買えなかった人などからは「整理券を配布した方がよかった」「状況を説明してほしかった」など不満の声も聞かれた。

 情報を寄せた女性は販売開始直後に到着し、購入できたのは午前11時半ごろだった。「並んでいる途中で帰る人もいた。次回はスムーズに購入できるようにしてほしい」と要望する。1人3冊まで買えることから少なくとも600人以上が窓口に並んだとみられる。

 人気の理由は、高めに設定したプレミアム率とみられ、同商工会の長沢喜一事務局長は、混雑ぶりに驚いた様子で「これまで発売初日で売り切れたことはなく、想定外の事態だった。対策を考えたい」と話していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]