2人の門出、自然も祝福 山形・野草園で初の結婚式

2020/10/18 13:25
出席者と記念撮影を行う辻信吾さん(左から2人目)と高橋あゆみさん(同3人目)=山形市野草園

 山形市野草園で17日、1993年の開園以来初めてとなる結婚式が行われた。開放感にあふれ、自然が豊かな“結婚式場”を舞台に、新郎新婦が永遠の愛を誓い合った。

 式を挙げたのは、同市桜田西4丁目、会社員辻信吾さん(33)と、天童市交り江2丁目、ピアノ教師高橋あゆみさん(33)。2人はキリスト教徒で、当初は教会式を執り行う予定にしていた。しかし、新型コロナウイルス感染拡大のため、入場者数に制限があり、教会での挙式を断念した。他の会場を探していた中で、2人の知人が野草園に事情を説明したところ、園側が快諾。園内で見晴らしのいい「野草の丘」を式場として貸し出した。

 この日は両家の親族や友人など約70人が出席。同園スタッフや2人の所属する教会関係者がテント設置や会場の装飾などを手掛け、アットホームな雰囲気の中で行われた。2人は「一番近しい存在になる相手を大事にし、支え合う家庭を築く」と誓いの言葉を述べ、指輪を交換した。最後に出席者とともに賛美歌を歌い、門出を祝った。

 辻さんは「多くの人に支えられて式を挙げることができた。本当に感謝している」と話し、高橋さんは「新しい家庭を築いていくうれしさと楽しさでいっぱい」と笑顔を見せていた。野草園では「今後も『園内で式を挙げたい』という要望があれば、相談の上で対応を検討したい」としている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]