高橋(上山南)、中学新でV 全国中学陸上・男子四種競技

2020/10/18 10:55
陸上の全国中学生大会の男子四種競技で、日本中学記録を更新して優勝した高橋大史(上山南)=日産スタジアム

 今夏の全国中学校体育大会が中止になったことを受け、日本陸連が代替措置として開催した陸上の全国中学生大会で17日、男子四種競技の高橋大史(上山南)が3091点の日本中学新記録をマークして頂点に立った。

 高橋は前日の110メートル障害が14秒26、砲丸投げが13メートル91だった。トップで迎えたこの日は走り高跳びで1メートル85、400メートルで51秒28をマークし、これまでの中学記録を37点上回った。

 大会は当初予定されていたU16競技大会の参加区分を年齢から学年に改め、名称も変更して行われた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]