水上から、のんびり秋色探し 長井ダム湖の遊覧船、今季運航スタート

2020/10/17 07:16
長井ダム湖「ながい百秋湖」を進む遊覧船=長井市

 長井市の長井ダム湖「ながい百秋湖」の遊覧船(屋形船)の今季運航が16日スタートした。乗船客は色づき始めた周囲の木々を眺めながら、のんびりと約45分間の船旅を満喫した。

 同日午前9時半の第1便には、米沢市の花沢団地いきいきサロンのメンバー17人が乗船。船が水面を滑り出すと「思ったより水が近い」などと話しながらカメラのシャッターを切っていた。サロン会長の小川洵(まこと)さん(75)=米沢市花沢町1丁目=は「もう少しで紅葉が見ごろになりそう。また来てみたい。船は揺れがなく静かで、ダムが街中から車で20分程度と近いのもいいね」と喜んでいた。

 やまがたアルカディア観光局が来月8日までの20日間、1日5便を運航する。乗船対象者は東北6県と新潟県の在住者に限る。事前予約が必要となる。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]