「雪若丸」粒立ちが好き! 新CM完成、俳優・田中圭さんアピール

2020/10/16 11:34
田中圭さんが「雪若丸」のおいしさを伝えるテレビCMの一場面(c)山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部

 本格デビュー3年目を迎えた県産ブランド米「雪若丸」の新しいテレビCMが完成し15日、オンラインで発表された。イメージキャラクターは、引き続き俳優の田中圭さんが務め、「雪若丸」のおいしさや魅力を自然体でアピールしている。この日から県内をはじめ、首都圏や関西圏、中京圏で放映される。

 新CMは「令和の届く言葉編」と題し、縁側に座った田中さんが「どのお米が一番とかない」「みんな素晴らしいよ、日本のお米」と強調する。その上で「ただ、俺は『雪若丸』が好き。粒立ちが好き」とPRし、「雪若丸」を頬張る。普段から「雪若丸」を食べているという田中さんの思いが台詞(せりふ)に重なり、素直な気持ちで演じることができたという。

 オンライン発表会は動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信された。田中さんは「雪若丸」に合うおかずベスト3として、3位から順に漬物、卵かけご飯、焼き肉と発表。実際に漬物や焼き肉と一緒に「雪若丸」を食べ、視聴者においしさを伝えた。「3年目の『雪若丸』はまだこれから。少しでも愛されるお米になればいい」とし、「今年は新型コロナウイルスの影響で自宅での食事が増えていると思うので、この機会に味わってみてほしい」と呼び掛けた。

 CMは山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部が制作。本部長の吉村美栄子知事はビデオメッセージで「『雪若丸』がみんなに愛され、米どころ山形としての存在感をさらに高めていけるように支援をお願いしたい」とあいさつした。

 2020年産「雪若丸」は作付面積約3500ヘクタール、生産量2万1千トンを見込んでいる。リピーターは増えつつあるが、県外での認知度は十分とはいえず、テレビCMを活用して販路拡大を図る。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]