オンラインで“ラ・フランス狩り” 天童の農業法人、体験会を初企画

2020/10/16 11:29
ラ・フランス狩りをオンラインで体験できるよう準備する矢萩美智社長(右)=天童市川原子

 ラ・フランス狩りの気分を味わえるようにと、天童市の農業生産法人・やまがたさくらんぼファーム(矢萩美智社長)は18日、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使ったオンラインの収穫体験会「王将果樹園AIR(エア)農園部」を初企画する。デジタル時代への試みとしてイベントを提供し、将来的には生産者と消費者の顔が見える関係の中で安心、安全な果物を届けたい考えだ。

 「山形ラ・フランス」は地理的表示(GI)に登録され、天童が生産量で日本一。ただ全国的な知名度は高くなく、追熟が必要なため、その場ですぐには食べられず、観光果樹園での収穫体験はほぼ行われていない。同ファームが営む王将果樹園では、その弱みを補うため、山形市売上増進支援センター「Y―biz(ワイビズ)」の助言を受け、オンラインで全国に収穫体験イベントを発信することにした。

 18日は同園のメールマガジン登録者をターゲットに、通販などで購入した果物ファンとの関係を「AIR農園部」と名付けて交流を図る。具体的には、樹木や果実を映像を見ながら選んでもらい、園側が代わりに収穫する。特徴や栽培方法、食べ頃、値段の違いなども話し合う。矢萩社長は「一緒に収穫体験することでアナログ的な通販を求めている。質問や意見を直接もらって関係がつながれば、今後の果樹農業にも生かせると思う」と語る。

 1組40分前後で計5組を予定。既に東京や広島などからの応募があり、締め切りの16日までに5組を超えた場合は抽選。Zoomは自身で準備する。参加は無料。問い合わせは同ファーム023(657)3211。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]