鶴岡の住宅近くにクマ、駆除 酒田ではスーパー付近で目撃

2020/10/16 09:54
ツキノワグマ(資料写真)

 県内では14~15日、クマの目撃が相次ぎ、鶴岡市では住宅が並ぶ国道沿いで目撃されたクマ1頭が駆除された。

【鶴岡】

 15日午前4時20分ごろ、鶴岡市井岡の国道345号十字路交差点付近でクマを目撃したと、通り掛かった30代男性から110番通報があった。市や鶴岡署がクマを探し、同7時40分ごろに同市寺田で発見、地元猟友会が駆除した。

 市と同署によると、クマは体長約1.3メートル、体重約70キロのメスだった。通報を受け、市と同署、猟友会の9人態勢で追跡した。目撃場所から約1.5キロ北西の山形自動車道ののり面にいるのを見つけ、農道を逃げるところを駆除した。

 一帯は今月7~8日に人的被害の発生・駆除があった白山、稲生地区と隣接する地域で、国道沿いには住宅などが立ち並んでいる。周辺の小中4校では教員が通学路を巡回するなど警戒に当たった。

【酒田】

 15日午後6時20分ごろ、酒田市東大町3丁目のヤマザワ東大町店付近でクマ1頭を目撃したと、車で通り掛かった市内の20代女性が酒田署に届け出た。同署によると、クマは体長約50センチ。女性が国道47号を走行中、前方の道路を横切るクマを目撃した。現場は同店の北側で近くに住宅街がある。

【米沢】

 米沢市の万世町堂森で15日午前6時ごろ、親子とみられるクマ3頭を目撃し、近くの70代男性が米沢署に届け出た。同署によると、クマは体長が約1メートルの親グマ1頭と約50センチの子グマ2頭。男性が自宅玄関を出た際、約30メートル北で林に入る3頭を見た。現場は八幡原工業団地の西約500メートル。

 同日午後5時ごろには中田町で、通り掛かった50代男性がクマを見つけ知人を通じて米沢署に届け出た。同署によると、クマは体長約1.5メートル。男性は米沢県南公園自転車道を散歩中、20メートル先のやぶにいるクマを見た。その後、奥へ入っていった。現場は市青果物地方卸売市場の南東約150メートル。

【真室川】

 15日午前5時40分ごろ、真室川町新町の堤防上で、散歩中の町内70代男性がクマ1頭を見つけ、新庄署に届け出た。同署によると、クマは体長約1メートル。住宅街の方向から堤防に出て、やぶに入った。現場は町民武道館から北西約150メートル。

【南陽】

 14日午後9時15分ごろ、南陽市元中山でクマ1頭を目撃したと、車で通り掛かった市内の40代女性が110番通報した。南陽署によると、クマは体長約1メートル。女性の約5メートル前を左から横断した。現場は旧中川中の南約360メートル。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]