ホーム戦会場での小学生の試合協力 アランマーレ、明治安田生命と契約

2020/10/15 15:25
西尾博樹部長(右)と勝部一成支社長が契約書を交わした=酒田市国体記念体育館

 バレーボールVリーグ女子2部のプレステージ・インターナショナルアランマーレは14日、明治安田生命保険とパートナーシップ契約を結んだ。ホーム戦の会場で小学生同士が対戦する「オープニングゲーム」の運営に同社が協力する。

 自治体との協働やスポーツチームの支援を通じて地域活性化を図る同社の「地元の元気プロジェクト」の一環。今季のオープニングゲームは、11月14日のホーム開幕戦を皮切りに、酒田、鶴岡、天童の各会場で計4回実施し、各日程の第1試合開始前に県内の小学生チームが試合を行う。同社は開催経費や児童の交通費、昼食代などを負担するほか、運営を手伝うスタッフを派遣する。

 酒田市国体記念体育館で締結式が行われ、同社の勝部一成山形支社長と、アランマーレの西尾博樹部長が契約書を交換した。勝部支社長は「バレーボールに励む小学生の活躍を、アランマーレと併せて応援していく」とあいさつ。西尾部長が「互いの地域貢献への強い思いを、活性化に結び付けたい」と話した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]