モンテ、栃木戦に向け練習 新加入2選手も参加

2020/10/12 21:30
栃木戦に向けてトレーニングする選手たち=天童市・県総合運動公園

 サッカーJ2・モンテディオ山形は12日、天童市の県総合運動公園で練習し、冒頭のみ報道陣に公開した。新加入のFW山内寛史、MF前川大河もトレーニングに参加。次節は14日午後7時からアウェーで栃木と対戦する。

FW山内「1点目を早く」/MF前川「攻撃を活性化」

 ○…J1のC大阪から期限付きで加わった2選手が、10日の練習からチームに合流した。共に得点力アップの期待を背負う攻撃陣で、新天地での活躍を誓った。

 体を張ったキープや足元の技術を評価されたFW山内寛史は、直前までJ3のC大阪U―23でプレー。今季のJ1出場はなく「(移籍は)難しい判断ではなかった。チャンスをもらったという気持ち」と山形入りを決めた。ポジションは最前線だけでなく、トップ下も想定。DF熊本雄太は早大の1年後輩で「クマがいることは心強い」と再会を喜んだ。

 MF前川大河はC大阪の下部組織で力を付け、徳島や福岡といったJ2強豪で能力の高さを示してきた。狭い局面を打開する技術、ドリブル突破を武器にするタイプ。「得点、アシストの両方ができる選手になりたい」と語り、チームメートだった元日本代表のMF清武弘嗣を理想に挙げた。山形ではトップ下とサイドハーフが定位置候補だ。

 既に選手登録を済ませた前川は次節の出場が可能で、山内は今後手続きが完了する予定。山内は「山形で1点目を取る早さが大事。走って戦いたい」、前川は「前を向いて攻撃を活性化させたい。得点を増やせればチームに貢献できる」と出番を待ち望んだ。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]