感染の20代男性は山形大工学部生 新型コロナ、8月30日以来確認

2020/10/9 07:25

[PR]
 山形市は8日、市内に住む20代の男子大学生の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。山形大は同日、ホームページでこの大学生が米沢市の工学部の学生と明らかにした。県内の感染確認は8月30日以来で、計79人となった。山形市内では10人目。

 市によると、男子学生は9月29日に37度台の微熱があり、10月3日には鼻づまりの症状が出た。5日に県外の保健所から、感染が確認された患者の濃厚接触者に当たるとして、PCR検査などの調査依頼を受けた。6日に新型コロナ感染症外来を受診してPCR検査を受け、7日に陽性が判明、8日に感染症指定医療機関に入院した。

 男子学生は発症した9月29日の2週間前から複数回、自家用車で県外に出掛けており、その際に感染したとみられる。9月29日には工学部のある米沢キャンパスに通学しており、昼食を共にするなどした教員と同居家族の計3人が濃厚接触者となった。

 県によると、7~8日に4件のPCR検査を行い、他は陰性だった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]