東証停止「これまで経験ない」 県内企業も困惑

2020/10/2 08:09

 東証が終日、取引を停止したことを受け、県内の証券会社や上場企業も顧客などへの対応に追われた。

 山形証券(山形市)の担当者は「災害やテロの影響を受け一時的に取引が止まることはあったが、終日取引停止はこれまで経験したことがない」と話した。朝から社員が手分けして顧客に連絡し、システム障害の内容や復旧まで取引できない状況を説明した。顧客からの問い合わせは少なかったという。

 ただ、稼働していた大阪取引所(大阪市)の日経平均先物相場は落ち着いているといい、担当者は「市場は冷静に受け止めているのではないか」と分析する。一方で「明日の取引がどうなるか分からない。東証の対応次第だが、先が見えない」とした。

 東証1部に上場する県内地銀3行によると、一部に買い付けや解約ができない投資信託商品があり、担当者が状況把握に努めた。市場部門への影響は限定的という。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]