県内、クマ出没多発

2020/10/1 15:04

■飯豊

 30日午前7時20分ごろ、飯豊町黒沢で、70代女性が自宅敷地内でクマ1頭を目撃したと、同居する家族が長井署に届け出た。

 同署によると、クマは体長約1メートル。女性は自宅東側の畑から敷地内に入り、南側の田んぼに逃げていくのを見た。現場は坪沼ふれあい館から南に約30メートル。

■長井

 30日午前7時45分ごろ、長井市勧進代で、30代女性の乗用車がクマ1頭と衝突した。女性にけがはなかった。

 長井署によると、女性が市内中心部に向かっていたところ、左側の田んぼから飛び出してきた体長約1メートルのクマとぶつかった。衝突後、クマは西側の山へ逃げていったという。現場は蔵京公民館の北東約200メートル。

■真室川

 29日午後10時5分ごろ、真室川町のJR奥羽本線釜淵―大滝間で、新庄発秋田行きの下り普通列車がクマと衝突し、緊急停車した。

 JR東日本山形支店によると、運転士が線路に出てくるクマを目撃した。車両に異常がなかったため、大滝駅まで速度を落として運行し、点検後に40分遅れで運転を再開した。乗客はいなかった。

■小国

 30日午前5時半ごろ、小国町杉沢でクマ1頭を目撃したと、新聞配達中の30代男性が小国署に届け出た。

 同署によると、クマは体長約1・2メートル。配達のためバイクを止めた男性が、約10メートル先の道路上にいるのを見た。クマは近くのやぶへ入っていったという。現場は杉沢公民館から西に約150メートル。

■米沢

 30日午後5時50分ごろ、米沢市芳泉町でクマ1頭を目撃したと、50代男性が米沢署に届け出た。

 同署によると、体長は約1メートル。男性が車で帰宅中、道路を北へ横断し、やぶの中へ入るのを見た。現場は御水神社から南西に約50メートルで、近くに民家が点在している。

■高畠

 30日午後6時ごろ、高畠町元和田の山沿いの茂みでクマ1頭を目撃したと、近くの家に住む70代男性が南陽署に届け出た。

 同署によると、クマの体長は約1メートル。自宅の裏庭で月見をしていた男性が約15メートル先の茂みにいるのを見つけた。

 現場は旧高畠三中から北約300メートルで、近くには民家が点在している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]