給食牛乳に小動物の死骸 鶴岡の中学校、ネズミ?製造時混入か

2020/10/1 07:14

[PR]
 鶴岡市教育委員会は30日、同市豊浦中の給食に出された瓶入り牛乳1本に異物が混入していたと発表した。体長約5センチの小動物の死骸で、ネズミとみられる。開封前に発見し、生徒が牛乳を口にすることはなかった。県庄内保健所が製造業者に職員を派遣し、原因を調べている。

 市教委によると、3年の生徒が同日午後0時50分ごろ、200ミリリットル入りの瓶の中に浮いている黒い異物に気付き、教員に伝えた。連絡を受けて駆け付けた業者は瓶が未開封であることを確認。ふたを開けて中を確かめると、小動物の死骸が見つかった。干からびた状態だったとみられる。

 牛乳は業者が直接学校に納入している。学校は異物発見後すぐ、牛乳を飲まないよう校内放送で連絡。他に異物の混入はなかった。生徒と教員計10人が全部か一部を飲んでいた。

 市教委の聞き取りに、業者は製造過程で混入した可能性を認め、原因として瓶の保管体制や製造中の目視確認の不十分さが考えられるとした。

 布川敦教育長らが同日夜に記者会見し、経緯を説明した。この業者は同校を含む豊浦地区と温海地域の小中計5校に納入しており、市教委は当面、各校での牛乳の提供を見合わせる。一方、市総務部は契約上、衛生管理の条項に抵触する可能性があるとして「保健所の調査結果を踏まえて厳正に対応する」としている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]