ワイヴァンズ、躍進誓う 山形で必勝祈願

2020/9/28 21:22
今季の躍進を誓い、特大の絵馬に抱負などを書き込むパスラボ山形ワイヴァンズの選手ら=山形市・里之宮湯殿山神社

 バスケットボール男子・Bリーグ2部東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは28日、山形市の里之宮湯殿山神社で必勝祈願を行い、来月開幕する2020~21年シーズンでの躍進を誓った。

 選手のほか、今季から指揮を執るミオドラグ・ライコビッチヘッドコーチ(HC)をはじめとするスタッフ、運営会社パスラボの吉村和文社長らが参列。おはらいなどを受けた後、縦90センチ、横180センチの大きな絵馬にそれぞれの抱負などを書き込んだ。「前進」と記した主将の河野誠司は「身の引き締まる思い。バスケを通じ、チーム一丸で県民の皆さんに元気を届けていきたい」と決意を新たにした。

 この日、チームはホーム会場や練習拠点がある自治体や県庁を訪問。県庁で吉村美栄子知事と対面したライコビッチHCは「とにかく勝ち上がれるよう、しっかりチームを鍛えてほしい。頑張って」と激励を受けた。

 シーズン初戦は10月2日のアウェー仙台戦。同10日には天童市の県総合運動公園アリーナでのホーム開幕戦で福島と対戦する。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]