自転車で街巡り、謎解きに挑戦! 寒河江で来月1日からスタンプラリー

2020/9/26 08:51

[PR]
 寒河江市内を自転車で巡るスタンプラリーが、10月1日から11月15日まで行われる。スタンプは慈恩寺など8カ所のチェックポイントで「宝箱」に入っており、問題形式の謎を解いて宝箱を探す趣向。また、坂道がきついチェックポイントに10回行った参加者には「ヒルクライムマスター」の称号を贈る。謎解きを楽しみながら秋の景色を満喫し、体力づくりもできるユニークな企画だ。

 市スポーツツーリズム推進協議会が初めて開催する。速さを競うのではなく、期間内の完走を目指して、それぞれのペースで楽しんでもらう狙い。家族での参加もできる。参加は無料で、定員は200人とする。

 チェックポイントは(1)慈恩寺(2)いこいの森(3)学びの里TASSHO(たつしょ)(4)グリバーさがえ(5)チェリークア・パーク(6)チェリーランド(7)寒河江駅前せせらぎ足湯(8)寒河江公園。自転車置き場を設置し、そこに掲示する謎に挑戦して宝箱を探す。

 全てのスタンプを集めた人には完走賞を贈る。参加特典としてスタンプ台紙に慈恩寺拝観料100円割引券、道の駅寒河江チェリーランドさくらんぼ会館のアイスクリーム30円割引券が付いている。また、参加者は寒河江温泉協同組合施設の宿泊料割引が受けられる。

 ヒルクライムマスター挑戦の“舞台”は(1)(3)(8)だ。中でも学びの里TASSHOは、市街地から約10キロと距離があり、自慢の脚力の見せどころとなりそうだ。参加申し込みはさくらんぼ会館に行って行う。事務局の同市さくらんぼ観光課は「寒河江の爽やかな秋を自転車で楽しんでほしい」と呼び掛けている。問い合わせは同課0237(85)1692(平日午前9時~午後5時)。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]