アイジー工業(東根)の「金属横葺屋根材」、受賞 全国発明表彰

2020/9/25 10:21

[PR]
 2020年度の全国発明表彰が24日発表され、県内からはアイジー工業(東根市)の5人が「軽量で断熱性・防水性の高い金属横葺(よこぶき)屋根材の発明」で日本弁理士会長賞に輝いた。

 同社の菅野良彦、本間秀映(しゅうえい)、荒木淳一、真田耕一郎、遠藤宏一郎の5氏による発明。優れた断熱性能を発揮する金属製屋根材を横方向に連結させる際に、重ね合わせる部分の防水性を高めた上、内部に侵入しようとする雨水を排出できる構造を実現した。他の屋根材と比べて非常に軽く、施工が容易という特長も備えており、災害時の早急な復興支援にも貢献している。同社の若尾直社長も発明実施功績賞を受けた。

 県関係者の全国発明表彰受賞は、2015年にスパイバー(鶴岡市)が「21世紀発明賞」を受賞して以来となる。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]