竜巻か…黒雲から竜の尾!? 鶴岡・由良沖で「漏斗雲」を確認

2020/9/22 15:33
鶴岡市の油戸漁港付近の上空で「漏斗雲」とみられる現象が確認された =同市加茂付近から撮影(読者提供)

 21日午前7時ごろ、鶴岡市由良沖で竜巻とみられる突風が発生した。被害は確認されていないが、目撃情報によると、この時間帯に複数の竜巻が起こったとみられ、「漏斗雲(ろうとうん)」も撮影された。

 山形地方気象台によると当時、鶴岡市内には雷注意報が出されており、大気の状態が不安定だったという。

 釣りをしに由良漁港付近に来ていた舟形町の男性(25)によると、陸から2、300メートル海上に竜巻のような雲の筋が現れ、海面に水しぶきを上げながら北へ移動し、10分ほどで消えたという。その後、天候が急激に悪化し、激しい雨に見舞われた。車で南へ移動したところ、三瀬付近の海上でも別の雲の筋が見られ、徐々に陸に近づいた後に消えたという。男性は「二つ目に見た竜巻は、近づいてくるようで怖かった」と話した。

 市立加茂水族館からも竜巻のような現象が確認され、近くにいた男性が竜巻に発達する可能性がある「漏斗雲」のような雲を写真に収めた。

三瀬沖でカヤック転覆

 一方、同市消防本部などによると、同日午前8時ごろ、三瀬沖で、30代男性が乗っていたカヤックが高い波にあおられて転覆した。男性は自力で海岸に戻り無事だった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]