県内ニュース

映画館、今ならお得に 県の応援キャンペーン好評、美術館なども

2020年09月13日 10:19
「やまがた文化応援キャンペーン」の利用券。氏名と市町村名を記入すれば割引が受けられる
 新型コロナウイルスの感染拡大で大きな影響を受けている県内の文化施設などを支援しようと県が展開している「やまがたの文化応援キャンペーン」で、映画館での鑑賞料金割引が好評を博している。一方、映画館の窓口で初めてキャンペーンを知るケースが大半で、「この機会に久しぶりに映画館に足を運ぶ契機になれば」と幅広い利用を呼び掛けている。

 キャンペーンは今月1日から開始し、映画館では県内在住者のみが対象となる。鑑賞料金が割引になるのはムービーオンやまがた(山形市)とフォーラムグループ3館で、当日の窓口購入時に利用できる。500円につき250円が割引になる仕組みで、一般通常料金1700円は950円に、会員料金1300円は800円に、シニア割やレディースデイなどを利用すれば1100円が600円で鑑賞できる。イオンシネマ3館では施設内の飲食物が割引となる。

 利用する場合は、窓口で利用券に氏名と居住市町村名を記入するだけ。各館ではチケット購入時に案内しており、利用はスムーズという。ムービーオンやまがたの藤木英司支配人は「記入の一手間はあるが、とても好評。一度使った人のリピートもある。新作映画も出始めている中、幅広い人に来てもらえれば」と話す。フォーラム山形の金子明加マネジャーは「苦しいときに支えてくれたお客さまに喜んでもらっている。徐々に客足も戻ってきており、キャンペーンをきっかけに久しぶりに行ってみようと思う人が増えればうれしい」と話した。

 美術館や博物館などの施設を対象にした文化芸術の秋キャンペーンも展開されており、高校生以下の入館料が無料になる(11月30日まで)。山形美術館では開催中のテーマ展(800円)が550円で鑑賞できる。キャンペーンは来年3月21日までだが、各施設への割り当て分がなくなり次第、終了となる。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から